HOME > 協会案内 > 委員長挨拶

委員長挨拶

炭素繊維協会委員会委員長

会長写真

日本化学繊維協会炭素繊維協会委員会は、わが国の炭素繊維業界の発展に貢献することを目的に、1978年に炭素繊維懇話会として発足致しました。その後も、1988年の炭素繊維協会への改称、2014年の日本化学繊維協会との統合を経て、現在は日本化学繊維協会の内部組織として、継続的に活動を行い、炭素繊維産業の健全且つ持続的な成長を積極的にサポートし続けております。

炭素繊維は1970年代に上市されて以降、「軽くて強い」という特長を生かし、幅広い用途で使用されてきました。特に、次世代航空機の構造部材やエンジン部材、風力発電ブレードの大型化のための補強材、更には自動車に用いられる天然ガスタンクや水素タンクの補強材など、現在では各分野、各方面にて、新時代の環境対応等を見据えた産業の深化を下支えする、不可欠な素材となっております。

近年では、2015年9月の国連サミットにて、2030年までの国際開発目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されましたが、炭素繊維及びその加工技術の更なる開発、用途開発を進め、貢献していきます。こういった時代のニーズにタイムリーに応えていくため、炭素繊維協会委員会として今後とも炭素繊維業界の健全な発展に向けた活動に取り組んでまいりたいと考えておりますので、引き続き、変わらぬご理解とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2019年7月
炭素繊維協会委員会
委員長 小山 俊也